自社の給与計算をチェック!

毎月必ず行わなければならないのが給与計算であり、社長さんや総務担当者が悩んでしまうのも給与計算ではないでしょうか。事業所ごとに色々な悩みや失敗事例があります。
ここでは失敗事例を紹介しながら、正しい給与計算方法の対策をお伝えします。
 

給与計算の悩み・失敗事例 (自社チェック)

雇用保険料の料率変更忘れがあり、年度の始めに遡って従業員から徴収した。
社会保険料の料率変更忘れがあり、過去に遡って従業員から徴収した。
給与計算を行う従業員の急な退職などで引継ぎがうまくできなかった。
単純な計算間違いが頻繁にあり、その都度翌月に調整している。
有給管理ができていない。個々の有給残日数が把握できていない。
ソフトを導入しているものの、パソコン操作がよくわからない。
タイムカード・勤怠表の打刻管理は従業員本人に任せている。
支店や従業員数が増え、なりすまし打刻をした従業員がいた。
従業員全員の勤怠集計に時間がかかる、面倒だ。        
今の給与計算が正しいのか自信がない。
 

間違った給与計算をしてしまうと

各保険料の計算間違い → 過去に遡って徴収 → 従業員との信頼関係が悪化

残業単価の間違い    → 過去に遡って支給 → 多額の支出が発生

最近では、従業員の退職時に未払い賃金の請求をされ、裁判へ発展することもあります。
上記チェック項目で自社に該当する項目が多ければ多いほど要注意!追加支払いや追加徴収という目に見える問題もありますが、実は給与計算を行っている担当者の「再計算に掛かる無駄な作業時間」が多く発生してしまうという目に見えない問題も起こります。毎月正しく行い、余計な手間暇を掛けないようにしたいものです。
 

正しい給与計算の対策

①各保険料の改定を自動更新させる。

②手当増減などの際、残業代単価の見直しを自動計算させる。

③給与計算ソフト導入によりデータ管理を行う。

④勤怠管理から給与ソフトへの自動計算システムを導入する。

⑤全てをアウトソーシングし、専門家のチェックにより行う。

人為的な作業があると間違いが起きやすいので、できるだけ自動的に行われることが理想です。どんなに良いシステムやソフトを導入しても、それ自体を使いこなせなければなりませんので、自社に合った給与計算の方法をとることも大切なポイントです。
 

専門家にご相談ください

新しいシステムやソフトを導入したけど、分厚い説明書を理解しきれない。という方が多いようです。給与計算に悩みを抱えている担当者や社長様、もしくは新システム導入を検討中の方は、是非ご相談ください。勤怠管理から給与計算、明細書まで必要なものを必要なだけ利用でき、説明書不要のシステムを取り揃えております。少しでも不安があれば解決策を見つけ、悩みを解決させましょう。貴社に一番合う方法をご提案させていただきます。
                                              

無料相談などその他のコンテンツは、以下をご覧下さい。

yudo11.PNG

yudo12.PNG

yudo13.PNG

yudo14.PNG

ImgTop28.jpg

CONTENT MENU

行政書士 田中誠一郎事務所

本社
新潟県長岡市大島本町2丁目3-12

事務所外観

TEL:0120-517-606
受付9時~18時 相談10時~20時

アクセスはこちら
株式会社パーソナルサポート 

新潟県長岡市大島本町
2丁目3-12

事務所外観

TEL:0120-517-606
受付9時~18時 相談10時~20時

アクセスはこちら
株式会社パーソナルサポート 

新潟県新潟市中央区下大川前通り
2ノ町2230-33
万代橋ビルヂング4F

事務所外観

TEL:025-378ー3221
受付9時~18時 相談10時~20時

アクセスはこちら

行政書士 田中誠一郎事務所 (長岡) 社会保険労務士法人パーソナルサポート長岡事務所 社会保険労務士法人パーソナルサポート 新潟事務所 無料相談のご予約受付中新潟助成金サポートセンターパーソナルサポートクラリネット長岡店大人気企画スタッフブログ

25.PNG.png.png長岡.png