• HOME
  • 労務顧問サポート

労務顧問サポートとは?

労務顧問サポートとは、自社の労務管理を労務の専門家である社会保険労務士にアウトソーシングすることです。

労務管理は最悪の場合、企業が倒産するほどの被害を被るリスクがあります。
 
大ダメージを受けるリスクの代表的なものは「解雇リスク」と「未払い残業リスク」です。
 

①解雇リスク

給与30万円の従業員を解雇し、訴訟を起こされた場合⇒1,000万円以上を支払うリスクがあります!
 
訴訟まで発展した場合、訴訟から判決を下されるまでに最低でも1年はかかります。また敗訴となった場合、労働者の働く権利を侵害したとして、さらに賠償金額が増えます。全て敗訴となった場合、示談金も上乗せとなり、多額の損害賠償を請求されるのです。

労働基準法は労働者を守る為の法律ですので、訴えられた場合、退けるのは非常に厳しいのが実態です。

 

②未払い残業リスク

最近、弁護士などがテレビやラジオを通してPRしているのを見かける方も多いと思います。
この未払い残業、対策の方法を勘違いされている経営者様が沢山いらっしゃいます。

例えば
「うちは、営業手当・資格手当・役職手当をつけているから、大丈夫」という考え方は間違っています。多くの会社の給与規程ではこれらの手当をつけていたとしても、残業代請求は免れることができないのです。何も対策をしていなければ、例えば給与30万円の従業員20人を月に60時間、合計で1年間残業させていた場合、約3,000万の損害賠償額が発生する可能性があるのです。

 
このような問題が起きてしまうのは「労働法をよく理解していない」といったことや「法律の改正が頻繁にあり、それに都度対応しないと守れない」といったことが考えられます。

こういったリスクを労務管理の専門家である当センターが最小限になるような対策を講じます。

自社の労務管理に不安がある経営者様は一度、当センターにご相談ください。随時無料相談を実施しております。


ImgTop14.jpg


ImgTop2.jpg

copyright(C) 社会保険労務士法人 パーソナルサポート All Rights Reserved.
UA-56272050-1